キーボード入門
キーボードをもっと楽しむWebマガジン
search
【アコーディオン】おしゃれ&一度聴いたら忘れられない世界の名曲
最終更新:

【アコーディオン】おしゃれ&一度聴いたら忘れられない世界の名曲

18世紀の誕生以来、ヨーロッパを中心に世界中で愛されているアコーディオン。

中国の笙をルーツに持つこの楽器は、耳にするだけで石畳が続くヨーロッパの街並みが思い浮かぶようなおしゃれで華やかな音色で、長きにわたって多くの人々の心を魅了し続けています。

今回は、そんなアコーディオンをメインに使用している作品や、アコーディオンの音色と相性の良い楽曲を集めました。

いずれも、アコーディオンの魅力を堪能できる作品ばかりですので、ぜひ最後までお楽しみください!

【アコーディオン】おしゃれ&一度聴いたら忘れられない世界の名曲

ラ・クンパルシータGerardo Matos Rodríguez

ウルグアイの作曲家兼ピアニスト、ヘラルド・マトス・ロドリゲスによって1916年に作曲された『ラ・クンパルシータ』は、彼の代表作であり、言わずと知れたタンゴの名曲。

作曲者の母国ウルグアイでは「第2の国歌」「タンゴの国歌」などと呼ばれ親しまれているほか、アルゼンチン・タンゴの代表曲としてアルゼンチン人の間でも「自国の歌」と愛されているのだそうです。

タンゴ特有のリズムと、情熱的な雰囲気と妖艶さを兼ね備えたアコーディオンの音色は、これ以上ないほど相性が良く、アコーディオンの名曲として多くん支持を得ています。

RAG MUSIC 編集部

二人でお茶をVincent Youmans

1924年に作曲され、今ではジャズのスタンダードナンバーとして世界中で親しまれている『二人でお茶を』。

アコーディオンの特徴である豊かで心地よい響きを楽しめる1曲です。

気軽に口ずさめる軽快なメロディを耳にすれば、まるでヨーロッパのおしゃれな街並みをスキップしながらめぐっているような気分に!

多くのアコーディオン奏者が、ジャズならではの即興アレンジを加えて演奏していますので、お好みの演奏を探してみるのも楽しいかもしれませんね。

RAG MUSIC 編集部

ベサメムーチョConsuelo Velázquez

メキシコの女性作曲家コンスエロ・ベラスケスさんが、弱冠17歳で作曲した『ベサメムーチョ』。

恋への甘美な憧れを表すこの妖艶なメロディを聴いて、誰が17歳の少女が生み出した作品と思うでしょうか?

この曲は、最も多くカバーされたスペイン語の楽曲といわれ、世界中でさまざまな言語に訳され歌い継がれています。

おしゃれさと情熱的な雰囲気が同居するこの曲は、アコーディオンのための音楽と錯覚してしまいそうなほど、哀愁ただよう音色と相性抜群の作品です。

RAG MUSIC 編集部

スタイルミュゼットAndré Verchurenn

アコーディオン奏者の間ではスタンダードな楽曲の一つとされている『スタイルミュゼット』は、アコーディオンの魅力を余すことなく味わえる1曲です。

鬱々とした雰囲気の中に優雅さも感じられるワルツは、聴く者をヨーロッパの街へと誘います。

懐かしさも感じられますが、日本人にとっては古き良き時代を思い起こさせるというよりは、異国の地への憧れを抱かせるような音楽に聴こえるのではないでしょうか。

RAG MUSIC 編集部

カチューシャMatvey Blanter

アコーディオンのしっとりとした音色が醸し出すノスタルジックな雰囲気と相性抜群の、ロシア民謡『カチューシャ』。

カチューシャと呼ばれている娘が国境警備につく恋人を思って歌う、切ない恋心と戦時下に置かれた人々の希望を描いた楽曲です。

この曲は1938年に作曲されましたが、1941年から1945年にかけてドイツとソビエト連邦の間で独ソ戦が繰り広げられた際には、兵士をたたえる歌として多くの人々によって歌われました。

心揺さぶるメロディが多くの人々に愛され、さまざまな言語に翻訳され世界中で親しまれている、ロシア音楽を代表する1曲です。

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む